レーシングビューア?とアンライバルド

スポンサードリンク

JRAVANのレーシングビューワーの調子が悪く、先週は使えなかった。

いま、やっと使えるようになる。

思い起こしたように、昨日のレースを振り返ると、

悲しいかな?もう要らない馬が見えてきた。

ファンも多い馬だけに、馬名は伏せるが、

明らかに例えどんな状況になろうとも、

二度と買えない馬になった。



この馬の力はとうに終わっていると、以前から周りには話していたが、

Vを見直して、自分の考えに間違いがない!と強烈に確信したので、

ある意味、ショックと驚きでしたね。

ファンが推す馬は大切にしなければいけなもの。

大人の常識、嗜みである。

でも馬券で仮にも生活してきた輩には、そんな感情は、

百害あって一利なしなのだ。(という私も思い入れの強い馬はいますが)

私の思い入れの強い馬は、何故か人気にはならない。だから良いのだけれど。

PCの設定を直している内に、大井競馬がはじまった。

こういう時、私は競馬には参加しない。集中できないからですね。

当たってもラッキーパンチ!その後の結果はやらなくても分かる。

あの時に止めておけば良かったのにと、

100%、思っている事は絶対に間違いではない。

自分のスタイルが分かっているから、参加しないのです。

本当の必勝法を探す前に、

己を理解するほうが、

手っ取り早い常勝法になる事は、間違いのない事です。

レーシングビューワが復活して早速、昨日の神戸新聞杯をリプレイする。

Vを観て感じた事は、

神戸新聞杯の岩田、アンライバルドは騎手を代えれば、

面白いかも知れない。

どうも岩田には合っていない気がする。道中、喧嘩しすぎだよなぁ?

馬が力んで走ってるからね。

ペースが速くないとキツイんだろう、この馬は。

思い切って前で競馬すれば面白いのに。

折り合いに専念するしか、今のところ、手立てはないのかな?

リーチザクラウンに幸か安勝、アンライバルドは武豊が合うような気がすると、

個人的には思った。

アンライバルドは一瞬しか、脚は使えない。一応、二段ロケットのような脚は使うのだが、

2番目のロケットが噴射してコレは!と思わせた後は、急降下している。

私は血統論者ではないので詳しくは分かりませんが、

母のポインテッドパスが大きく出ているような気がする。

京都で変わるか?今は分かりません。

ただ、リーチザクラウンよりはお釣りはあると思っています。

ギリギリまで追い出しを我慢できる騎手が最適だと感じたが、

如何なものだろう?

菊花賞は、今回の馬から勝ち馬を探すのは大変だ。

イコピコが人気になれば、おいしい馬券になるのだが、

未だ、そこまでの確信はない。

今回はパドックで自信消しだった、

アブレザンレーブが鍵を握っているような気がする。



にほんブログ村 競馬ブログへ


にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ