宝塚記念

スポンサードリンク

アメーバ KeibarMaster Blog 


宝塚記念の見解はこちらで確認してください。

結局、初めに思った通りのドリームジャーニー、サクラメガワンダーで決着した。

単勝得票率、2位と3位の馬での決着。

ディープが連に絡まないと書いてきたとおり、ディープ以外の決着ならば、

馬場適正にピッタンコの上記の馬で決まる訳だ。

スクリーンヒーローも5着に入選して阪神2200に合う血統が正しかったという事が理解できたと思う。

私の馬券は、ディープスカイを外した5点BOX3連単と

8-9の1,2着固定、

2着3着に2,10,11.4という馬券で勝負したが、結局は元取り。少々プラスか?

レース的にはディープスカイも能力を出し切った良いレースだったのではないかな。

実力も過大評価されていただけの事で、この馬の力からいって、

阪神コースならベストなパフォーマンスだったと思うべきだろう。

秋以降、このようなメンバーであればJRAの売り上げは落ちる一方で、

相変わらず殿様キャリア集団、JRAはウォッカやディープスカイに頼ろうとしているのだろうか?

馬主の外国人解放が今後のレースを面白くしてくれる事に期待したい。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ